来場案内

日本列島お雑煮あれこれ

全国各地の都道府県(※沖縄県を除く)のお雑煮をパネルで紹介。先着順に一杯100円で試食を提供します

25日 10:00~16:30

お雑煮試食スケジュール

全国6か所のお雑煮を、1回につき2品各50食ずつ、合計100食を毎回先着順でご提供いたします。

map_2016
第1回 10:30~ 1 仙台雑煮
6 都城雑煮
第2回 11:30~ 2 上州雑煮
4 広島雑煮
第3回 12:30~ 3 焼津鰹節雑煮
5 餡餅雑煮
第4回 13:30~ 2 上州雑煮
6 都城雑煮
第5回 14:30~ 1 仙台雑煮
5 餡餅雑煮
第6回 15:30~ 3 焼津鰹節雑煮
4 広島雑煮

試食していただけるお雑煮

s_iwate2a

1.宮城県「仙台雑煮」(レシピ作成:宮城調理製菓専門学校 調理担当:服部栄養専門学校)

焼きはぜからとっただし汁に、焼いた角餅と、一度茹でてから凍らせた大根とにんじん(これを引き菜という)、ごぼう、凍み豆腐、干ししいたけ、糸こんにゃく、いくら、せりを入れ、かまぼこを添えた雑煮。

MEMO
年神様への礼儀として、正月三が日は極力料理の際に音を出さないようにする。そのため、大根、にんじんの引き菜を用いるとも言われている。

s_iwate2a

2.群馬県「上州雑煮」(レシピ作成:群馬調理師専門学校 調理担当:東京調理製菓専門学校)

すまし仕立ての汁に、焼いた角餅、鶏肉、なると、しいたけ、長ねぎを入れ、ほうれん草とゆずを添えた雑煮。

MEMO
田畑が多い土地柄、野菜や根菜類を多く入れる地域や、名物のこんにゃく、豆腐を入れる地域もある。

s_iwate2a

3.静岡県「焼津鰹節雑煮」(レシピ作成:中央歯科衛生士調理製菓専門学校 調理担当:新宿調理師専門学校)

すまし仕立ての汁に、茹でた角餅、里いも、大根、にんじん、しいたけ、水菜を入れ、花かつおをたっぷりのせた雑煮。

MEMO
静岡県は東西の狭間にあり、県内で雑煮に用いる餅の形や調理のしかたが異なる。大井川沿岸の地域では丸餅を使い、それ以外の地域では角餅を使う。また、大井川を境に東側では餅を焼くが、西側では茹でる。

s_iwate2a

4.広島県「広島雑煮」(レシピ作成:広島酔心調理製菓専門学校 調理担当:織田調理師専門学校)

すまし仕立ての汁に、丸餅、大根、にんじん、広島菜、鶏肉を入れた雑煮。

MEMO
広島の雑煮は、すまし仕立てに丸餅が基本で、鶏肉の代わりに牡蠣、ぶり、はまぐりなどを使う家庭もある。また、広島菜の他、ほうれん草や小松菜などもよく使用される。

s_iwate2a

5.香川県「餡餅雑煮」(レシピ作成:キッス調理技術専門学校 調理担当:二葉栄養専門学校)

みそ仕立ての汁に、餡餅、にんじん、大根、里いも、春菊を入れ、花かつお、青のりを添え、祝粉(粉山椒)を振る。

MEMO
かつて白い砂糖は非常に高価な物だったので上納品だったが、正月だけでも甘い物を家族で食べたいとお餅の中に砂糖を隠して甘いお餅を作り入れたのが始まりと言われている。

s_iwate2a

6.宮崎県「都城雑煮」(レシピ作成:都城調理師高等専修学校 調理担当:萠愛調理師専門学校)

しいたけと鶏がらからとっただし汁に、丸餅、里いも、しいたけ、鶏肉、おやし(大豆もやし)を入れた雑煮。

MEMO
青菜類は、煮るとかさが減るので縁起が悪いと考えられ、正月料理全般にあまり使われなかった。

第5回展示・試食風景