イベント情報

日本列島お雑煮あれこれ

全国各地のお雑煮の写真とレシピをパネル展示し、一杯100円で提供します

10:00~17:00

お雑煮試食スケジュール

全国6か所のお雑煮を1回につき2種類ずつ、計6回、毎回先着順で提供。

map_2016

提供雑煮(都道府県順)

1.秋田県 「汁っこ餅」
(レシピ作成: 秋田県調理師専門学校  調理担当: 町田調理師専門学校 )

鶏がら、昆布でとっただし汁に、焼いた角餅、鶏肉、かまぼこ、長ねぎ、しいたけ、せりを入れた雑煮。

MEMO秋田県では、正月に改まって雑煮を食べる習慣はないが、それに近いものとして、「汁っこ餅」を食している。
地域によって、雑煮の具が異なり、山間部では塩漬けした山菜、沿岸部では海苔を入れることもある。

2.神奈川県 「横浜雑煮」
(レシピ作成: 横浜調理師専門学校  調理担当: 東京誠心調理師専門学校 )

すまし仕立ての汁に、焼いた角餅、鶏肉、里いも、大根、にんじん、小松菜を入れた雑煮。

MEMO里いもは、今年も円満に過ごせるようにという意味を込めて、丸のまま使用する。
昔は、元日の朝に家長が、年男として一番先に起き、神棚にお供え等をして、前日に下準備をしておいた雑煮を作った。

3.三重県 「忍者の郷の雑煮」
(レシピ作成: 三重調理専門学校  調理担当: 新宿調理師専門学校 )

里いもと大根を煮たものに、焼いた丸餅を入れた赤味噌仕立ての雑煮。

MEMO三重県伊賀地方のお雑煮で、「花びら」と呼ばれる丸餅を使う。
具は、里いもが子孫繁栄、大根の輪切りは大八車の車輪に見立てており、いずれも丸い形で人柄の良さを願っている。
元々は農耕民が、忙しい日々に即席みそ汁として、煮詰まった汁に水を加えて味を調整して食していたもの。正月には、若水で調整し、餅を入れて新年を祝った。

4.島根県 「海苔雑煮」
(レシピ作成: 松江栄養調理製菓専門学校  調理担当: 服部栄養専門学校 )

すまし仕立ての汁に茹でた丸餅を入れ、十六島海苔と花かつおを添えた雑煮。

MEMO島根県出雲市の十六島湾近辺で採れる十六島海苔は、江戸時代から極上の岩のりとして珍重されてきた。
海苔は、古くから邪気を祓うといわれていることから、正月の雑煮に入れて食べれば、その年の邪気を祓い、難病を逃れることができると伝えられている。

5.岡山県 「山海の幸、高瀬舟、満杯雑煮」
(レシピ作成: 西日本調理製菓専門学校  調理担当: 山手調理製菓専門学校 )

あぶったするめと昆布でとっただし汁に、焼き目を付けてから茹でた丸餅、はまぐり、車えび、ほうれん草、豆腐、長ねぎ、かまぼこを入れ、糸花かつおとゆずを添えた雑煮。

MEMO岡山県津山市(美作一円)の雑煮。
岡山県の雑煮は、色々な食材を入れることから、「雑田煮」といわれ、みそ仕立て、すまし、ぜんざいの大きく3つに分けられる。
ぜんざい雑煮は、県下に散見されるが、元旦のみに食し、2日目はみそ雑煮、3日目はすまし雑煮と別立てし、地域の産物を組み合わせて味わう。

6.大分県 「豊の雑煮」
(レシピ作成: 田北調理師専門学校  調理担当: 織田調理師専門学校 )

いりこと昆布でとっただし汁に、煮た丸餅、鶏むね肉、大根、にんじん、白菜、しいたけ(どんこ)を入れ、かまぼことみつ葉、かぼすを添えた雑煮。

MEMO材料のしいたけ(どんこ)とかぼす、だしのいりこは、大分県の特産品。
大分県は、愛媛県、福岡県、宮﨑県との県境があるため、地域によってお雑煮の種類が異なる。

第7回展示・試食風景
  • fes_1601_21
  • fes_1601_22
  • fes_1601_23
  • fes_1601_24


TOPへ